×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アリソンシリーズ

アリソン

2007/05/13

+著書名 アリソン
+ジャンル ライトノベル
+著者名 時雨沢 恵一
+出版・発売 メディアワークス・角川書店
+発行年月 2002/03
+定価(税別) 310円

ストーリー
キャラクター
総合評価

基本情報・あらすじ

電撃文庫から時雨沢恵一さんが刊行するライトノベル。
空軍飛行士のアリソンと、その幼馴染みのヴィルが大陸が一つだけある世界で繰り広げる冒険ストーリー。
2002年3月に第一巻が刊行され、2005年5月の第三巻の下巻で『アリソン』としては完結、『リリアとトレイズ』シリーズへと続いている。

コメント

全1〜4巻刊行されており、
・アリソンU真昼の夜の夢
・アリソンV<上> ルトニを車窓から
・アリソンV<下> 陰謀という名の列車
と続きます。

実際は「リリトレ」シリーズに続くわけですので、かなりシリーズとしては「キノの旅」と並ぶほどの規模かと。
この「アリソン」は一言で言えば、冒険ファンタジーです!
しかし、アリソンとヴィルの恋物語でもあるのかな。そこのところがライトノベルっぽいと言えば、っぽいですね!
主人公のアリソンは空軍に所属する女の子です。
そのため飛行機での空中シーンが生き生きと書かれています。そこが見所かな、と思います。
登場人物は4巻にわたる作品ではありますが、少ないので読みやすさもあります。
作品中はちょっとづつ時間が進んでいるので、読まれる方はまとめ買いして、一気に読んでしまうことをおすすめします!
そうすれば、この作品のよさが味わえるでしょう!

さらに、このシリーズは世界観がかなり広々としていて優雅です。
「優雅な冒険ファンタジー」が読みたい方は間違いなくアリソンでしょう!
アリソンやヴィルのキャラクターも素敵ですね。

ラストV巻まで読みすすめてくると、もうこの作品の虜になっているでしょう。
そこで終盤の美しすぎるラストには脱帽ですね! こういう終わり方大好きです!

関連リンク

DS電撃文庫 アリソン(別窓)
任天堂DSでゲーム化されています。文庫ものがDSとはなかなか斬新。私はやったことないですが、やってみたい!

アリソンU 真昼の夜の夢

arison_02.jpg +著書名 アリソンU 真昼の夜の夢
+ジャンル ライトノベル
+著者名 時雨沢 恵一
+出版・発売 メディアワークス・角川書店
+発行年月 2003/03
+定価(税別) 610円

アリソンV(上)ルトニを車窓から

+著書名 アリソン(上)ルトニを車窓から
+ジャンル ライトノベル
+著者名 時雨沢 恵一
+出版・発売 メディアワークス・角川書店
+発行年月 2004/03
+定価(税別) 510円

アリソンV(下)陰謀という名の列車

+著書名 アリソンV(下)陰謀という名の列車
+ジャンル ライトノベル
+著者名 時雨沢 恵一
+出版・発売 メディアワークス・角川書店
+発行年月 2004/05
+定価(税別) 510円