暗黒童話

2008/04/30

+著書名 暗黒童話
+ジャンル ホラー
+著者名 乙一
+出版・発売 集英社
+発行年月 2004/05
+定価(税別) 620円

ストーリー
キャラクター
総合評価

基本情報・あらすじ

突然の事故で記憶と左眼を失ってしまった女子高生の「私」。
臓器移植手術で死者の眼球の提供を受けたのだが、やがてその左眼は様々な映像を脳裏に再生し始める。
それは、眼が見てきた風景の「記憶」だった…。
私は、その眼球の記憶に導かれて、提供者が生前に住んでいた町をめざして旅に出る。
悪夢のような事件が待ちかまえていることも知らずに…。
乙一の長編ホラー小説がついに文庫化。

コメント

乙一さんの長編ホラーです。
長編ホラーの醍醐味といえば、読めば読むほど恐怖に引き込まれていくこと。
この一冊は恐怖だけではなく、ミステリィも絡んでいて、主人公視点に立って解き進めながら読むことができます。
作品に盛り込まれた童話「アイのメモリー」 これがまた描写がグロテスクな……。
しかし本編に絡んでいる童話で、長編を読んでいるにも関わらず、短編も読めるというお得感があります。
怖さの中に切なさが混じっていて、ホラー小説が苦手な方でも読めるかも。
ただ描写や展開はなんともグロいところも多々あり!

関連リンク

Web Otsuichi(別窓)
集英社による乙一さんのサイトです。